蒲田の美味しいラーメン屋さん(ちゃるめ)

4月頃、花見がてらに糀谷方面を散歩しながら訪問したお店が有りました。そのお店が凄く美味しかったので、時間が有る時に再訪しようと思いながら中々行けていなかったのですが、午前中が雨で外に行きたくないような日には、再訪するのに持って来いな日だと思い出発です。川崎からは京急羽田線の電車が来れば、乗り継ぎなしで行けますが、羽田線以外の場合は蒲田で乗り換えて行くことになります。今回は運も良く急行の羽田行きが直ぐに来る展開でした。少し嬉しいですよね。このお店名前は「ちゃるめ」と言い、多分チャルメラを詰めた感じですかね。あくまでも想像です。前回訪問時は開店してから数か月と言った感じで凄く綺麗で真新しいと言う感じでしたが、今回はどうでしょう。

https://march62.com/entry/2019/07/09/210847

前回は開店前だったので、今回は空いている所を撮影しました。まだ一年経っていないので綺麗ですね。この日は1時半過ぎでしたが4人待ちの状態でした。こんな天気でも並ぶのはかなりの人気だと思います。

入り口ですが、この日は風が強かったので暖簾が舞っています。入り口もメニューなどの張り紙は無く綺麗な感じです。

お店に入って直ぐ右側にある券売機です。それほど種類は無いせいか空きが目立ちますが、それでも、十ピング、ご飯もの、飲みもので結構な数のボタンを占有しています。前回は醤油ラーメンだったので今回は塩ラーメンにしてみました。

まずは自家製のハイボールで喉を潤します。白木のカウンターにハイボールは良く合います。カウンターなどの白木はまだ時間の経過を思わせるものは無く凄く綺麗です。

これが、塩中華そば大盛です。上から見るとどんぶりが小さく見えますが、このどんぶりかなりの深さが有るので量的にはかなりの量が入っています。

それではレビューですが、

スープからですが、醤油と同じようにベースは鶏ガラスープだと思います。丁寧にスープを取っているのでしょうかスープは澄んでいて、それがまた美味しさを引き立てています。醤油はは醤油のコクとマイルドさを引き立てていたのですが塩味はかなりの塩のエッジを強調するような効果をもたらしています。らーめんと合わせることで旨味が引き出されるところを狙った味付けなのかもです。非常にあっさりしたスープで美味しいです。醤油とはまた違った感じの味の表現です。

麺ですが、これは醤油と共通と思われる細麺です。これだけサッパリしたスープだとこの細麺以外を合わせるのは難しいですね。そういう意味では一択なので良い選択だと思います。先ほどスープの所でも書いたように塩がエッジが効いているので麺と合わせることで美味しさを引き出しています。粘度、塩分濃度とも低めですが、鶏ガラだしと鶏油が微妙に麺に絡むので美味しく頂けます。

具材は、2種類のチャーシューと、小松菜(ほうれん草では無いような気がします)メンマ、のり、ねぎの構成です。少し変わっている所は2種類のチャーシューですが、鶏と豚の構成で、どちらも今風のローストビーフぽい感じでぱさぱさ感が無くしっとりしていて美味しいです。2種類で歯ごたえを変える所も良いと思います。後は小松菜かな、やはり青菜が一品入ると見た目の演出としてはとても綺麗です。

全体的には、半年たっても変わることなく美味しく頂けました。今後は百名店も狙えるようなお店なので、これからも美味しいラーメンを提供してください。また時間が有る時に再訪します。次は醤油ですかね。個人的には醤油の方が好きです。

店名 中華ソバ ちゃるめ
住所 東京都大田区萩中2-1-4 丸栄ビルEAST 1F
電話 03-6423-2598
営業時間 [火~土] 11:00~15:00 18:00~21:00 [日・祝] 11:00~15:00
定休日 月曜日

中華ソバ ちゃるめラーメン / 糀谷駅大鳥居駅京急蒲田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7

march62

Author: march62

昭和、平成、令和を生き抜く唯の親父です。 ラーメンと株に命を懸けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です