蒲田の美味しいラーメン屋さん(いそべ)

蒲田界隈は、横浜家系のお店以外は行けたような気がしていましたが、まだまだ、行けて居ないお店があるようです。蒲田の範囲をどこまでにするかにもよりますが、多摩川線では武蔵新田、池上線では池上までかなと思っています。この範囲は何かで決まっているわけでは無く、私個人の考えで決めていますので、それは広すぎるとかの抗議に関しては受け付けません。どこかに線は引かなければいけないので、良い感じだと思います。そこで、今回のお店ですが、その蒲田から少し離れています。でも歩いて15分電車では2分くらいの矢口の渡駅に有ります。駅からは近くて徒歩1分と言って良い距離だと思います。特に派手な看板が有るわけでは無いので、気を付けて居ないと通り過ぎてしまいます。

分かりやすい看板なのですが、歩いているとお店の日よけが邪魔で看板が見えないため、此処がラーメン店で有ることがわかり辛いです。日よけのせいで中が暗くなって見え辛いことも関係していると思います。

そうは言っても、お店の外にこのような看板が出ているわけですから、見過ごす方に問題が有りそうですね。基本のメニューは白色と黒色の2種類のスープから選ぶことが出来るようです。ワンタンメンなのですね。

お店に入ると製麺室と横の細い通路の左側に券売機が設置されています。製麺室はガラス張りなので、中を見ることが出来ます。営業中に麺を打つことが有るのかはわかりません。券売機は先ほどの白色と黒色のスープにワンタンが何個入るかでメニューが分かれているようです。私は券売機で左側に有った黒色でワンタンは2×2(2種類が2個づつ)を選択しました。連れは白色つけそばの選択です。

店内にはこんなつけそばの食べ方が書かれた説明書きまであります。どう食べても良いような気がしますが、丁寧で良いと思います。

卓上の調味料ですが特に変わった所は無いのですが、ひとつだけ変わっている所が有るとすれば、一味と七味が少し変わっています。今まで見た事の無い物で何処で売られているのでしょうか、一味は結構辛いです。やげん掘り以上です。入れすぎ注意です。

そうこうしている間に届いた黒旨にこにこワンタン麺です。綺麗ですね。それではレビューです。

スープですが、醤油の味が感じられる、鶏と魚介のスープです。少し薄いかなと思いましたが、食べて居るうちに丁度良くなるような絶妙な味加減です。出汁は鶏も、魚介も、どちらも主張してこない感じで上手く融合しているようです。丁寧にスープを取られていることが分かるような本当に澄んだスープで美味しいです。粘度、塩分濃度とも低めで健康的なスープです。飲み干したくなるようなスープですが、自身の身体を考えて辞めて置きました。

麺は、細麺で、スープの薄さをカバー出来るような構成になっています。自家製麺だと思うのですが、小麦が感じられるような美味しい麺です。腰もシッカリしていて、短時間で伸びることは有りません。麺量はそれほど多くは無いので、普通の量だと思います。大盛でも十分に食べられるのではないかと思います。

具材はやはりワンタン麺なのでワンタンが主役です。肉ワンタンが2個と海老ワンタンが2個の構成です。しっかりしたかわに包まれた美味しいワンタンです。以前、和渦で食べたものより美味しかったです。2種類が2個づつ入っている所も良いですね。それではその他の具材ですが、チャーシューは鶏なのか、全く油の無い物で美味しいです。基本的に鶏チャーシューは苦手なのですが、このお店のチャーシューはとても美味しかったです。メンマは太くて味がしっかり付いていて美味しいメンマでした。その他はのり、ネギの構成です。この黒いスープに良く合った具材だと思います。

全体的には凄くバランスの取れた美味しいワンタンメンでまた来たいと思う美味しさでした。

これは連れが注文したつ色々つけそばです。凄くアッサリしていそうですが、白醤油は思ったよりコクがあり、奥深い味です。決して塩味と間違うような味では有りませんし、味が薄いと言う事も有りません。どちらかと言うと黒色より塩分濃度は高く感じられました。また、ワサビがトッピングされていて、麺にワサビを付けて食べると一段と麺の腰と風味が味わえて美味しくなります。お試しあれ。麺はつけそば専用の麺で少し太目で中太よりやや細めと言った感じの麺で、此方も自家製麺らしく凄く美味しい麺です。どちらも凄く美味しかったので、次回は何にするか迷うと思います。

店名 中華soba いそべ
住所 東京都大田区多摩川1-20-14
電話 03-3759-2568
営業時間 11:30〜14:30/18:00〜21:00
定休日 水曜日

中華soba いそべラーメン / 矢口渡駅蓮沼駅武蔵新田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7

march62

Author: march62

昭和、平成、令和を生き抜く唯の親父です。 ラーメンと株に命を懸けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です