日経平均は上がっているのに?。。。

今週も着実に日経平均は上昇しましたが、値動きは300円程で、小幅な上昇となっています。日経平均と言っても完全な平均値では無いので、どうも日経平均を釣り上げているのはファーストリテイリングに代表されるような大型株のみと言った感じです。大型株は上昇していて他はそれほど上がっていないと言うのが現状です。特に今週はソフト「バックGが下げていたにも関わらず日経平均が上がると言った現象もあり、ソフトバンク以外の日経平均寄与度の高い株が上がった事が伺えます。今週の経済状況は英国のEU離脱問題に脚光が浴びていましたが、思ったような進展も無ければ、今後に関しても延期の雰囲気が漂っています。米中貿易問題に関しても大きな進展は無く水面下での調整と言ったところです。トルコ情勢も話し合いで解決しそうな思惑なので、今の所全てにおいてリスクオン状態を堅持している状態です。

色々不満を書いてるわけですが、日経平均寄与度が高い株は押し並べて高価で有るため、一般庶民には手が出しづらい株で有ると言う事です。ファーストリテイリングももう少し株式分割して頂けると購入しやすいのですが、と思ってしまいます。リスク分散の考えも有るのでどうしても中型株を優先的に考えてしまい、大型株を購入するには至っていません。

今週の私の株ですが、中々売却のチャンスが無く日々、流されている状況です。買い替えも優良株は大体今年の最高値を付けているので上値は少ないと思います。上昇が遅れている株はそれなりに理由が有る株が多いので中々手を出しづらい感じなのでもう少し様子見かもです。この時期は決算発表時期なのでその結果を踏まえて株の選別を行って行きたいです。

購入金額 本日価格 含み益
マキタ 3520 3420 -100
TDK 7550 10610 3060
アイカ 3060 3410 350
関電工 930 1012 82
余剰金 0 240 0
15060 18692 3392

日経平均も上がっているので当たり前ですが、少しだけ含み益が上昇しています。思ったほど上がっていないのが今週の反省ですが、中々波に乗れていない感じです。もう、やはり先々週から言ってることですがTDKはもう天井だとは思っているのですが、少しづつ上がるので様子見していますが、どう見ても天井であることは否めません。あとの三種類のうち、関電工ですが、日経平均が上がっているうちに買う株では無いですね。買い替えも検討中です。余剰金も有るので1200円くらいまでの株が対象ですが、リコーあたりが第一の候補になっていますが、ここの価格帯は候補が多いので2部以降も対象に入れて吟味したいと思います。あとの二つに関しては現状では株価が年初来高値に近づくのを待つしかないですね。まだまだ、上値を狙える出遅れ株だと思うのでこれからも期待して行きたいと思います。来週はTDK、関電工の買い替えをメインに調査を行い中盤では実行に移して行きたいです。TDKに関しては少しディフェンシブにJR東日本などへの買い替えも視野に入れています。そろそろ、下落への備えをしつつ上値を狙うような体制作りを急いで作り上げたいと思います。そういう意味では日本株はまだまだ安いのですが、一旦は23000円辺りで攻防を繰り広げそうな予感は有ります。

来週も頑張りますので、宜しくお願いします。本当は昨日更新の予定でしたが、遊びに行って更新忘れました。

march62

Author: march62

昭和、平成、令和を生き抜く唯の親父です。 ラーメンと株に命を懸けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です