20000円台での薄商い

なかなか、株が上がりません。今週は休日が有ったため4日の開場でしたが、日経平均は火曜に大きく下げてその後は小康状態で先週末に比べて300円近くの下落で今週の取引を終了しました。私も日経平均通りに小幅に下落した感じです。今週はお盆休みだったので9時から3時まで株の動きを見られたのですが、見ない方が良かった感が有ります。最近はFXの方に力を入れているので株との二刀流になっていますが、株も疎かにしているわけでは無いので期待して見守って下さい。FXの状況は別の記事で書くのでここには書きません。

f:id:march62:20190817124033j:plain

この絵は赤の方が多いので少し値上がりしている感じですが、今週はこの絵の様には行きませんでした。今週は株をやっている人くらいしか知らない逆イールドと言う現象が発生し、それが今後の景気低迷の兆候ではないかと言うことで日米とも株価を下げましたが、米国のそれは大きく、元々株価が高水準だったこともあり大幅な下落となり巷の不安を煽りましたが、週末には今回の逆イールドは今までのそれとは違い景気低迷にはつながらないという発言まで飛び出し、本当の所はどうなんだと言うことが知りたいですね。このままだと、各国の利下げ合戦が再燃しそうな感じです。利下げ合戦は株の取引をしている人には良いのですが、日本株の場合、企業の業績がドル円によって影響を受けるため、必ずしもいい方向に向くと言うことは有りません。どちらかと言うと企業業績に低下による株価の下落の可能性が高くなります。どちらにしろ、日本は出来ることが少ないので、海外の利下げ合戦を傍観するしかないと思います。悲しいですね。

購入金額 本日価格 含み益
マキタ 3520 3115 -405
TDK 7550 8260 710
イカ 3060 2999 -61
関電工 930 883 -47
余剰金 0 240 0
15060 15497 197

今週の株価です。日経平均に比べると善戦はしてますが15000円程度含み益が減収してます。今週はファーストリテイリングなどの日経平均に対する影響度が高い株が下がったので、その他の株はそれほど下落していないと思います。

まずはドル円の状況を改善しないと企業業績に大きな影響を出すので、このままでは各企業が利益の下方修正を出す結果になってしますのでせめて108円台までは戻して欲しいですが、予想では104円台が一番多いみたいです。

9月中旬まではこのような状態が続くと思われますが、各国ともこの状態を良しとはしないと思いますので何らかしらの対応がとられることを期待して来週も頑張りたいと思います。

march62

Author: march62

昭和、平成、令和を生き抜く唯の親父です。 ラーメンと株に命を懸けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です