横濱タンタンメン(雑色)

お店の紹介

ニュータンタンメン系のお店とは一線を画したお店のようです。京浜急行雑色駅から徒歩3分くらいの場所ですが、表の商店街からは一本裏側の通りですがお店は更にその通りからすこし奥まった場所に有ります。何も無いような場所ですが、民家とお店が混在しているような場所の真ん中に有ります。他のニュータンタンメン系のお店とは違い派手な看板が有るわけでは無くあまり目立つ感じでは有りませんが、そこにタンタン麺屋さんが有ることだけがわかるような感じです。

ラーメンのレビュー

どんぶりだったり、麺の上の具材だったりがニュータンタンメン系とは異なります。似て非なるものと言った感じでニュータンタンメンを食べたことが無い人にはわからないと思いますが、上に乗っているカイワレが凄く上品に見えます。どちらかと言うとニュータンタンメンはジャンクな食べ物と言った感じなので上品さからは一番遠い存在だと思っています。それではレビューですが、スープはたぶん豚骨ベースのスープだと思います。にんにくに玉子、ひき肉と言った構成はニュータンタンメンと同じですが、味付けが少し異なっているようで塩分が少し控えめになっています。他のラーメンに比べては塩分濃度は高いですが、ニュータンタンメンに比べると控えめと言う意味です。一味唐辛子の量もかなり少なくなっていますが、辛さそのものはそれほど変わりません。注文は多辛ですが、ニュータンタンメンのメチャ辛以上の辛さが有ると思います。麺はニュータンタンメンと同じような中太の丸いストレート麺です。太さは中太までは行かない太さです。塩分濃度が高いのでこのくらいの太い麺が良く合うと思います。麺量も少し少ないかなと言う量です。大盛にした方が良いかと思います。具材は先ほど紹介したように玉子、ひき肉、そしてカイワレ大根です。このカイワレ大根は初めて見ました。味にも特に関係ないので、ただの見た目の変化と言ったところです。

全体的には、少し上品になったニュータンタンメンと言ったところでですが、もともとニュータンタンメン自体がかなりジャンクな食べ物なので、それを上品にしてもって感じです。ニュータンタンメンは蒲田に有るので食べ比べてみるのも一興かと思います。

店名 横濱タンタンメン
住所 東京都大田区仲六郷2-29-7
電話 050-5868-2573
営業時間 11:30~23:00
定休日 無休

横濱タンタンメン担々麺 / 雑色駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2

Author: march62

昭和、平成、令和を生き抜く唯の親父です。 ラーメンと株に命を懸けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。