鮮魚と炉端焼き 魚炉魚炉 総本店(川崎)

昼は貝だしラーメン、夜は魚介系の居酒屋と言ったお店ですが、ラーメンの味もかなり本格的なので、一度は伺いたいと思っては居たのですが、コロナの影響も有って中々お邪魔することが出来なかったのですが、多少落ち着きを見せて来たので初めて訪問してみました。お店の中は本格的な居酒屋さんですが、カウンターにはラーメンのメニューが置かれているのでその内容を確認して注文です。

4種類のラーメンが用意されています。登場順から行って、貝出汁の醤油、続いて塩と言う順番でしょうか味噌及び辛味噌はバリエーションとして用意して有ると言う位置づけでしょうか? その他、ご飯ものと和え玉が用意されています。煮干し油は良くあるのですが、貝油は今回が初めてなので楽しみです。どのくらい貝の風味が楽しめるかが、勝負の決め手になると思います。

ラーメンのレビュー

メニューからこのお店の一押しで有ろう貝出汁醤油らぁ麺を選択しました。先ずはスープからですが、貝出汁を強調していましたが、それほど強く貝の味は感じられません。魚介の出汁で有ることはわかるのですが、貝の味が遠くの方にいるような感じでダイレクトに味が感じられません。強くなりすぎると好き嫌いがはっきりしてしまうので抑えているのかもですが、ここまで貝出汁を強調して居るのであればもう少し強めに出しても良いのではと思います。脂分はたぶん、鶏の油だと思いますが量は少し抑えめと言った感じでさっぱりしたスープになっています。塩分濃度もそれほど高くない無いので飲んで美味しいスープと言った仕上がりになっています。なので、ラーメンのスープとしては少し薄いのではと思いましたが、そうでもないようなので良かったです。麺ですが、細麺です。極細までは行きませんが、かなり細目の麺です。この麺なのであっさりしたスープでも美味しく頂けるのだと思います。細麺とさっぱりスープは良く合っていると思います。具材ですが、チャーシューと青菜、タマネギなど、特に特徴のある具材は有りません。この辺が少し物足りないように思える部分でしょうか難しい所です。

貝油の合え玉です。こちらもらぁ麺と同じく貝出汁が遠くの方で感じられる感じで、それほど強くは感じません。その辺が惜しいですが、味は美味しいです。少し麺が柔らかめだったので、次回は少し固めでお願いするようにします。

全体としては良くまとまっていて美味しいラーメンなのですが、何かもう一度食べたくなるような感じがしない構成です。何が悪いということは無いのですが、全てが無難で突出した部分が無い構成なので、そう思わせてしまうのではないかと思います。スープの貝出汁をもっと強烈にするとか検討して頂けたらと思います。

店名 鮮魚と炉端焼き 魚炉魚炉 総本店
住所 神奈川県川崎市川崎区砂子2-10-16 1F
電話 050-5868-8242
営業時間  11時30分〜14時00
定休日 日曜営業

鮮魚と炉端焼き 魚炉魚炉 総本店居酒屋 / 京急川崎駅川崎駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3

Author: march62

昭和、平成、令和を生き抜く唯の親父です。 ラーメンと株に命を懸けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。