品川の美味しいラーメン屋さん(和渦)

昆布水つけ麺

昨年、初めて食べた昆布水つけ麺ですが、最初の感動は忘れることが出来ません。こんな美味しいつけ麺がこの世に存在することに衝撃を受けました。そんなこんなで2020年はその昆布水つけ麺を食べるために始まった1年でした。がコロナがその計画を全て無にしてくれました。食べに行きたくても電車にも乗れない時期が有り、満足に食べ歩きが出来ませんでした。そんな2020年でしたが、9月の中を過ぎてコロナも一段落した所を見計らって昆布水つけ麺を食べに行きました。高野は昨年から3回程度行っているので、まずは未食の有名店から制覇して行こうと言うことで今回は北品川の和渦にお邪魔してきました。

お店の紹介

何かでかい看板ですが、北品川駅からでも見えそうですが、北品川駅は京浜急行の普通列車しか止まらないので、私の場合は品川駅まで行って、そこから徒歩で戻ることが多いです。場所柄品川女学院が近いので北品川駅で降りると女生徒に囲まれてしまうことも有るので注意が必要です。駅からは5分も掛からないと思いますが歩道橋を渡らなければいけないのが面倒です。マンションの2階がお店になっています。一階は駐車場なのでそこら辺に並ぶことになります。階段は一番奥に有るので、その階段から駐車場に向かって並ぶ感じです。お店に入ると直ぐ左横に券売機が有ります。意外と言っては何ですが、小さい券売機一杯にメニューが並んでいます。ビールも複数種類有るので選んで飲む事が出来ます。

これが券売機です。一番下の段にはビールが有ります。ラーメンも色々な種類が用意されています。三位一体はその日によって変わるので飽きることは有りません。魚介、貝類、鶏豚など色々な具材が使用されています。私も一度しか食べていないので、今日の三位一体は分かりませんが美味しいと思います。今日の目当ては一番上の段の右端にある蜆昆布水つけ麺です。全体的にお値段が高めですがそれだけの素材を使用しているようです。

ラーメンのレビュー

上が昆布水つけ麺で下がつけ汁です。苦手が紫蘇が入っていますが食べる前によけました。つけだれからレビューです。

鶏ガラスープと醤油と鶏油と言う構成ですが、醤油が立ったキリっとした醤油味です。昆布水で少し薄まることを考慮したかのような少し塩分高めの醤油味です。表面を覆っている鶏油は高温で最初は凄く暑いですが食べているうちに直ぐ冷めます。その辺を考慮して最初は高温で出すのだと思います。麺を食べ終わった後に麺を付けていた昆布水をつけだれに入れて薄めて飲むのですが、これがまた絶品です。蜆と昆布と鶏ガラが一体となった美味しいスープの出来上がりです。最後まで楽しませて頂けます。

麺は、太麺でも無く細麺でも無い中間の太さの麺です。見た目と違いかなり腰の強い麺です。昆布水に浸かっていても伸びないような腰の麺を使っているようです。最初はそのままで食べて下さいと言われるのでそのまま食べて見ると昆布の薄っすらとした塩分が感じられて麺の本来の味が良く分かります。こういう食べ方も有りだとは思いますが、やはりつけだれで食べた方が美味しいです。最初はつけだれが濃く感じますがそのうち昆布水で薄まって丁度いい濃さになって来るのでその辺も計算によるものではないかと思います。

具材はつけだれに入ったローストビーフ風のチャーシューが2枚です。肉には味が無いようでたれの味で食べると美味しく食べられます。麺側にはメンマと煮卵が入っています。メンマは自家製のようで美味しいメンマでした。

最初に出てくる麺に付けて食べる味変用の調味料です。海苔と梅肉とオリーブオイルだったと思いますが正確には忘れました。このように食べる人を楽しませることが出来る一品だと思いました。お値段は少し高いですが見せ方、演出などを含めると安いのかもです。美味しいかったです。

店名 中華そば 和渦 TOKYO
住所 東京都品川区北品川3-2-1 MTM STUDIO 2F
電話
営業時間 11:00~14:30 /18:00〜21:00
定休日 日曜日

中華そば 和渦 TOKYOラーメン / 北品川駅新馬場駅品川駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7

march62

Author: march62

昭和、平成、令和を生き抜く唯の親父です。 ラーメンと株に命を懸けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です