蒲田の美味しいラーメン屋さん(潤)

燕三条にも。。。

このお店は蒲田でも超が付くくらいの有名店ですが、私的に良く行く理由が、通し営業だと言う所が大きいと思います。大体の有名店はお昼営業は11:00~14:00くらいで終わってしまうので、時間に間に合わないことが良く有ります。そんな時でも通し営業のお店は開いているので嬉しいです。通し営業のお店と言うと駅ビルなどの食堂街に有るお店とか、大型チェーン店などを想像しますがこのお店はそのようなお店では有りません。本店は新潟燕三条に有るみたいですが、行ったことは有りません。この店の特徴は背油の量だと思います。好きな人は背油を増しているようですが私はそこまで好きでは無いのでいつもデフォでお願いしていますが、それでも他店に比べると2倍以上の量が入っています。そんなお店ですが、今回、ここにも二郎系が有ると言う情報を元に訪問しています。元々、ここの辛味噌ラーメンのもやしの量は尋常では無かったので二郎に通じるものが有るのかなあと漠然と考えて居ましたが、実際にメニューに有るようです。

 

お店の紹介

このような外観です。場所はJR蒲田駅から京急蒲田に向かう途中に有ります。どちらかと言わなくてもJR寄りです。商店街と言うか飲み屋街を抜けて直ぐの角に有るので知らない人には捜しづらいお店だと思います。駅前の大きなサウナの入り口を京急方面に歩いた方が分かりやすいです。

これです。二郎系です。もやしの盛りは辛みその方が多いみたいに見えますが、ニンニクとチャーシューはどう見ても二郎系です。しかも温玉までついているようです。時間が凄いですね、お昼営業でも、夜営業でもないその間のみ提供される隠れメニューのようです。(隠れてはいないですが自販機にも有りません。限定で購入するようです)

ラーメンの紹介

見たまま二郎系です。すこし野菜の量が少ないですが、以外にキャベツが多いのが特徴です。にんにくはこれほどはいらないと思われる量です。平日の午後にこれを食べると後は誰にも会えません。それではレビューですが

スープは、背油満点の醤油味です。流石は日本海側の寒い地方なので、醤油が立っている強力に醤油が主張してくる正に醤油味と言った味です。醤油好きには申し分ない味付けです。塩分濃度は非常に高めですが、そこは二郎系なので致し方ない所です。麺の太さを考えればこの位の濃さが必要なのではと言った所です。背油効果が有って醤油の中に少し甘みが感じられるスープなので食べていて飽きることは有りません。

麺ですが

このようにかなり太麺です。先ほどスープの所で言っていた通り、この太さではある程度塩分濃度を上げないと美味しく食べられないかもです。麺自体はモチモチした美味しい麺です。ここの他のメニューで使っている麺とは少し違うようです。茹で時間も少し長めに茹でているようでした。凄く食感が良い麺なので、もう少し量が有っても良いかなと言うほど美味しい麺です。

具材は野菜(キャベツ多目、その他もやし)とチャーシューとノリとニンニクと温玉です。チャーシューはバラ肉の巻いたの物で、少ししっとり感が少ないような気がしますが美味しいと思います。厚みは5枚あるので一枚毎の厚みはそれほどでも有りません。二郎系ではこの5枚分くらいの厚みのチャーシューを出すお店も有るのでそれ程特徴にならないと思います。珍しいのはバラの海苔と温玉だと思いますが、これがこのメニューに合っているかはわかりません。私個人の感想では無くても全然良いと思います。その分、値段を安くしてほしいですね。一杯1000円と言う値段は最近では高額とは言えませんが、少し高いような気がします。二郎系は安くて量が多いのが特徴のひとつでもあるので、少し考えて欲しいです。温玉海苔なしで850円くらいで提供して欲しいです。

全体的には、二郎とはまた違った感じの二郎系として成立していると思います。美味しいですが、量も少ないし、値段も高いのでこれを食べるくらいなら他の二郎系に行くような気がします。量と値段のバランスを考えて欲しいです。

店名 らーめん 潤 蒲田店
住所 東京都大田区蒲田5-20-7
電話 050-5868-7469
営業時間 【月〜木】10:00~翌2:00 3:00(金土)
定休日 無休

らーめん 潤 蒲田店ラーメン / 蒲田駅京急蒲田駅蓮沼駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

march62

Author: march62

昭和、平成、令和を生き抜く唯の親父です。 ラーメンと株に命を懸けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です