止まることをしない悪魔との闘い

今週の近況

今週は何も言う事が無いと言うのが感想ですが、それを押してコメントして行きます。見ての通り大暴落です。ピーク時から30%以上も下落すると言った感じで、私が株を始めてから
15年経つのですが初めての経験です。ここまでの下落は流石に計算に入れていなかったと言うのが本音です。2万円割れは米国での感染拡大であり得ると思っていたので、特に致し方ないと
思っていましたが、その後の木曜日、金曜日の下落は全くの計算外でした。その根拠は中国の株安が止まって来たこと1%から3%の範囲に入って入るので、アジア圏の株安は一段落かと思っていました。
また、日本のコロナ感染者数は欧米に比べてかなり少ない数なので(一部には検査していないだけとの意見も有り)そこまでヒステリックに反応する必要は無いと思っていましたがどうも、
市場はそうではなかったみたいですね。これじゃトレーダーには成れませんね。

今後の展開

金曜日のダウの動きを見ていると週明けの日本株も大きく上げては始まりそうですが、その後はまだ混乱は収まりそうもないので、乱高下を繰り返しながら、値を戻して行くのではないかと思います。そういう意味では少し市場を見守る必要が有ると思います。欧米での患者数の増加が今後の株価を占ううえで最も重要なファクターであることは確かですが、その陰で原油価格等にも目を向けて行かなければ株価の読み間違えが有りそうです。コロナウィルスの患者数、原油価格、為替、などの複数の要因を考慮して行きたいと思います。

今週の投資推移

購入金額 本日価格 含み益
マキタ 3520 2937 -583
信越化学工業 11770 9467 -2303
アイカ 3060 2735 -325
共和コーポ 590 449 -141
東京個別 660 387 -273
余剰金 0 123 0
19600 16098 -3625

今週は何もしてません。先週言った通り唯々、見守るだけでした。何もしないリスク、動くリスクのどちらが大きいか測りかねていたため、動けなかったと言うのが真実だと思います。日経平均以上の下落幅です。その大きな要因は信越化学に尽きると思います。価格も高いので全体に与えるインパクトも大きいです。この状況は予想出来ていなかったです。1万円割れは流石に計算外です。他は価格が安いのでそれほど大きな値動きはしていません。逆にアイカなどはここに来て頑張っているような気がしています。マキタもコロナの震源地が中国で有るにも関わらずの健闘だと思います。

今後の投資計画

先週末にも敢行しようとしたのが、信越化学工業を売却してJR東日本に乗り換えることにより差額をねん出して、マキタ売却で村田製作所購入を考えていましたが、2時台に急に株価が上がったので計画中止です。でも未だにその計画は考えています。それ以外にはマキタ、アイカを売却で村田製作所を購入する選択肢も検討しています。今は大幅に株価を下げているので小型株では無く大型株の購入を検討する時期だと考えていますので、このような買い替え計画になっています。株価の戻しが早いのがソニー、TDK、信越化学、村田だと考えているのでその辺への乗り換えも十分に検討する必要が有ると思います。ソフトバンクGも4000円を割っているので買いだと思います。

注意事項

ここに書かれている内容は私個人の考えに基づくもので、当ブログによって生じた如何なる損害に対しても責任を負いかねます。投資に関しては自己判断でお願いします。

march62

Author: march62

昭和、平成、令和を生き抜く唯の親父です。 ラーメンと株に命を懸けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です