横浜の美味しいラーメン屋さん(時雨)

今回は、100名店巡りの範囲を少し広げて、横浜関内エリアまで散策してきています。前回の丿貫を訪れた場所より更に奥地になります。奥地と言っても横浜関内なので当然大都会ですが、その中でも少し閑静な住宅街と隣接しているような場所に有ります。場所柄、子供を連れているようなお客さんも多く、家族連れが中心のお店のようです。

のれんはこんな感じのシックな井出達です。店名も小さく時雨と記載されています。玄関は通りから少し奥まった所に有りラーメン屋さんとは思えない作りになっています。

暖簾の下には最近有名店では多い注意書きが有ります。代表待ち禁止だとか、中待ちは3名までと細かい内容になっていますが、この位は書いて置かないと守って貰えないのでしょうか。何か少し寂しい感がしますが、仕方ないですね。

お店に入って左奥に有る券売機です。メニューは結構な数有りますが、大体のお客さんは上段の中華蕎麦、塩蕎麦、ホロホロ南蛮雉つけ麵、青唐辛子雉つけ麵を頼んでいるようですが、その中でもホロホロ南蛮雉つけ麵が有名なようで多くのお客さんが注文していました。私たちは3人での訪問だったので中華蕎麦、塩蕎麦、ホロホロ南蛮雉つけ麵の3品を注文することにしました。外待ち、中待ち含めて30分くらい待ちましたが、やっと入店出来ました。

まずはらーめんが来るまでに喉を潤しておきます。らーめんを食べる前の儀式としては重要なこうい行為です。メンマをつまみに美味しくビールを飲む事が出来ました。

これが、ホロホロ南蛮雉つけ麵です。スープですが、日本そばを思わせるような出汁が効いた美味しいスープです。雉のスープがどういう物かはわかりませんが、普通の鶏と比べても濃厚で美味しいスープに仕上がっています。スープその物は和風だしのような醤油が効いたはっきりした味になっていますが、小口に切ったネギと鶏チャーシューと表面が鶏油が上手く融合していて、醤油の角が取れて美味しくなっています。

麺ですが極太までは行かない太麺です。腰もシッカリした美味しい麺です。少し塩分濃度が高いスープと合わせることで、サッパリ何ですが、鶏お油も感じられる旨味の強いつけ麺に仕上がっています。この位の麺量であれば、簡単に食べられてしまうので、女性でも大盛が良いかと思います。

具材は先ほども書きましたが、スープには鶏チャーシューとネギで麺の方にも鴨なのか雉なのか分かりませんが鶏チャーシュー的な物が載っています。

全体としては非常に美味しいつけ麺でした。また食べたいと思います。

これが塩蕎麦です。スープは鶏と魚介のスープのようですが、サッパリしていて、美味しいスープです。麺も細麺では中細から中くらいの麺です。味わい深い美味しい麺なので食べていて飽きの来ない目です。具材は鶏チャーシューと豚のローストビーフ風のチャーシューと鶏つみれとメンマ、ネギです。どれも手が込んでいて凄く美味しい具材です。麺、スープ、具材を合わせたバランスは最高に良い商品に仕上がっています。何度でも食べたい塩ラーメンです。

こちらは中華蕎麦です。スープは醤油が効いた美味しいスープです。ベースとある出汁は塩味と同じような気がしますが、違っているかもです。麺は塩蕎麦と同じものを使用しているようなので美味しさは変わりません。但し、塩と醤油では、私個人の評価では少しだけ醤油に軍配が上がりそうです。本当に麺も美味しいので、つけ麺も良いですが、中華蕎麦も食べて見て欲しいです。最後に具材ですがこちらもチャーシューが2種類で豚は塩と同じですが、もう一つが野菜を豚で巻いたチャーシューになりますが、これが他店にはないチャーシューで面白いです。後は大きい海苔ですが、醤油に良く合っています。このメニューも最高に美味しかったです。また食べたくなる美味しさです。

今回3品食べたのですが、どれも凄くレベルの高い作品で人気が有るのは良く分かります。盛り付けを含め100名店に相応しいお店だと思います。

店名 中華蕎麦 時雨
住所 神奈川県横浜市中区不老町2-10-5
電話 045-264-4809
営業時間 11:00〜14:00/18:00〜21:00
定休日 日曜日

中華蕎麦 時雨ラーメン / 伊勢佐木長者町駅関内駅石川町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.9

march62

Author: march62

昭和、平成、令和を生き抜く唯の親父です。 ラーメンと株に命を懸けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です