川崎の美味しいラーメン屋さん(三田製麺)

最近、限定麺を次々に発表している三田製麺ですが、また新しい限定麺を出して来ました。その名も濃厚煮干しつけ麺です。煮干し好きのわたしにとって素通り出来ない麺なので調査に行って参りました。

三田製麺は今までも数多く通っているので、つけ麺屋さんとしては一定の評価をしています。

外観はこんな感じで名店を思わせる風格ある井出達ですが、それほど歴史が有るわけでは有りません。寧ろ最近支店を増やしている新興ラーメン店だと思いますが、つけ麺に関しては凄く評判が良いと思います。私も良く行くお店のひとつです。

色々な説明は今までも説明してきたので、今回はしませんが、今回は来た目的である濃厚煮干しつけ麺を食べに来たので、このレビューを今回はしたいと思います。

こんな感じです。では全く分かりませんね。そこで、細かい説明を行って行きたいと思います。

麺から説明すると、この麺は他のメニューです使用されているこの店の自慢の麺をそのまま使用しています。濃厚なのでもう少し太くても大丈夫ですが、そこは、つけだれの塩分濃度を抑えて対応しているようです。麺はこの店の自慢の麺なので美味しい麺です。ですが、今回、熱盛をお願いすると、少し伸びた状態になっていて冷やでお願いするときと麺の固さが違うのが少し残念です。熱盛はベースの茹で時間を少し減らして貰うと美味しく食べる事が出来ると思います。大量生産の方が効率は良いと思いますが、そこで一工夫して頂けるともっと美味しく戴けると思います。

スープですが、濃厚さが良く分かります。また、大量の魚粉が入っているので、魚介の味にあふれていますが、それが、嫌な感じ特に生臭さには全く繋がっていないところは凄いと思います。粘度はかなりの粘度です。また塩分濃度は見た目よりは低いです。通常のつけ麺よりも少し低い感じがします。魚介の濃度はかなりの濃度なので魚介好きには良いと思いますが、方向性が振り切っている状態なので、好き嫌いは分かれそうです。でも美味しいと思いました。

具材は、つけ汁の方に全て入っているのですが、チャーシューのぶつ切りと太目のメンマの構成です。この値段でこの具材は少し寂しいような気がします。900円はこの店にとっては少し高い価格帯なのでもう少しの工夫が必要かと思います。つけ汁にコストがかかるのは分かるのですが、通常麺との110円の差が良く分かりません。ここを明確にして行かないと通常メニューとして定着はして行かないと思います。

全体的には、美味しいのですが、定番との差別化が出来ていないのが、今後の課題だと思います。頑張って欲しいと思います。

連れが頼んだ、鯛出汁塩つけ麵です。このレビューは上のリンクで確認してください。サッパリしていて、夏には最高のつけ麺ですが、飽きから冬の魔の時期にはどうですかね。少し無理があるような気がしますが、基本は美味しいメニューなので上手く売って行って欲しいと思います。

店名 三田製麺所 川崎店
住所 神奈川県川崎市川崎区駅前本町2-11
電話 044-230-3810
営業時間 11:00~翌3:00
定休日 無休

三田製麺所 川崎店つけ麺 / 川崎駅京急川崎駅八丁畷駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

march62

Author: march62

昭和、平成、令和を生き抜く唯の親父です。 ラーメンと株に命を懸けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です