本当にリスクオンなのか(6/12)

世界情勢

先週より更に経済活動の再開の速度は上がり、経済活動は順調にコロナ前に戻りつつあるように見えますが、実際のコロナウィルス感染者は未だに減少する気配さえ見せていないのが実情です。そのような状況なので、当然、経済活動が盛んになれば感染者も増えるといった鼬ごっこのような感じです。コロナウィルスに関しては、特に南米の感染者の増加が著しく、このままでは米国の水準に追いつくのではないかと予想する研究者も出るほどです。またもう一つの懸念材料ですが、香港の国家安全法ですが、此方に関しては中国が粛々と法制化を進めていますが、それに対して米国はそれほどの抵抗は見せていないようです。トランプ政権にとってはそれどころでは無く、経済活動とコロナ対策で一杯になっているようです。米国も中国に対して一定の制裁(ファーウェイのみですが)は掛けていますがそれ以上の制裁を掛けるような動きは有りません。多分、今後も無いように見えます。

世界株の状況

こんなコロナの収束はまだまだ先と言った状況ですが、それでも株価は一定の水準を誇っています。今年の企業の利益に比べると少しバブル気味なのでと言う水準で株価は推移しています。特にここでの株価を牽引しているのはハイテク株でapple,google,microsoftなどの企業が高値を付けています。ヨーロッパの経済も忘れていた英国のEU離脱の件も少しづつ再開され少しづつ経済も元に戻りつつあり、その結果としてと言うより、それを期待して株価は上げています。こちらも少々バブル気味な感は有りますが、米国のそれとは少し違いような気がします。今週の経済指標の中では米国の新車販売台数が想定より好調で有ると言うことで、それに連動してトヨタなどの株が高騰しています。がそれに水を差すホンダの件で自動車業界はトヨタ一人勝ちのように見えます。その他の話題ではコロナ新薬、5G関連などが脚光を浴びているようで、株価の戻りも早いです。

日本株の状況

終値では先週より少し下げていますが、今週辺りから東証マザースなどの小口株の値上がりが多く、東証一部は偏りが大きく、ユニクロ、ソフトバンクGなどの日経平均寄与率の高い株は上がりましたが全体的にはかなり低調な感じでした。大きく値を下げる企業は少ないですが、上値も凄く重い感じで来週に掛けてもこの22000円の攻防が続くと思います。米国株は乱高下しながらも着実に年最高値に近づいているので、日本株も24000円に向けて少し上がって欲しいですね。今の所、コロナの影響で、株価を牽引するような企業が見つからないのが実情で、今後に関しては日本の製造業では車産業に続いて大きな電子部品と半導体製造装置の売り上げが期待されますが、まだまだ本格的な再稼働までは行っていない様で、半導体関連の設備投資はそれほど盛んには行われていないことが、そのまま株価にも反映されています。

所有株の状況

今週は週末に動きました、休暇で家に居たので何気なくAGCとアイシン精機を売ってしまいました。AGCは先週の3455円から下げていたので、今後も考えての売却です。もう上がらないのではと言うのが私の予想です。まあそう言うとKDDIも上がっていないのですが、何か上がらない株ばかりを所有している感じがしたので一緒にアイシン精機も売却しました。アイシン精機は2週間も保有していなかったのですが4千円近い損出を出してしまったので、早々に売却しました。傷は小さいうちに対応したほうが治りが早いと思うので仕方が有りません。週末の決断だったので、買い替えには至れず、先週より含み益が7万3千円も減らしてしまいました。日経平均的にはほぼ変わらないので、私の株の運用に問題が有ったのではないかと思います。このところ、運用が上手く行っていたので少し自信過剰になっていたところもありその辺を反省するための売却でも有りました。その理由は、AGCはあまり上がらないのに持ちすぎな感じで逆にあまり考えもせずにアイシン精機を購入したりと少し対応が場当たり的になっていたのを修正して行きたいです。その方針とは、多少の株価には左右されず中期的な視点での株価の向上を目指す作戦を展開して行きたいと思います。それでは今週の結果です。

購入金額 本日価格 含み益
KDDI 2800 3164 364
TDK 7500 10590 3090
日本ケミコン 1220 1723 503
余剰金 0 8218 0
11520 23695 3957

何か凄く淋しい感じの3銘柄ですが、株の購入初期には有りましたが最近は5銘柄が定着していたのでそんな風に見えます。余剰金が80万円超えているので少し大型の株を検討して行きたいと思います。今大きく下げているメーカーは半導体製造関連と生保、損保に多いのでその辺が今回のターゲットになりそうです。損保では東京海上辺りが狙い目です。半導体はブイテクノロジーとスクリン辺りに照準を絞って行きたいと思っています。焦らずに良い株を見極めて購入して行きたいと思います。

注意事項

ここに書かれている内容は私個人の考えに基づくもので、当ブログによって生じた如何なる損害に対しても責任を負いかねます。投資に関しては自己判断でお願いします。

march62

Author: march62

昭和、平成、令和を生き抜く唯の親父です。 ラーメンと株に命を懸けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です