ウィルスは猛威を振るい株は小休止

ウィルスに関しては全く収まる気配を見せていませんが、とうとう緊急事態宣言が関東の一都3県を含む6か所に出されました。かなり遅すぎの感は否めませんが、この緊急事態宣言のお陰で株に関しては一定の戻り高を見せました。その後も政府と東京都の対応で揉めていたので株価に関しては膠着状態と言った感じです。政府も任せたなら横やりを入れるようなやり方は控えるべきで選挙ありきの姿勢が見え隠れしているのはどうかと思います。まあ資質の無い総理ですから致し方ないと言った所でしょうか。この弱い外出禁止要請で本当に患者が減るのかはよくわかりませんが、減ってくれるのを祈るばかりです。私も外出を控えていますが、運動不足になるので一日一回5km以上を歩くようにしています。なるべく人が少ない所中心に歩いているので特に問題有りませんが、会社も休業中なので何もすることが無く暇を持て余しているような状況です。そんなことも有って今週はかなり売買を進めました。あまり暇になると良い事が無いかもですね。

こんな感じの乱高下の末に停滞と言った感じです。今後の経済状況を見通すことは難しいと思いますが、私見ではこの騒動が収まってくると反動買いが起こるような気がするので、景気は一気に戻るような気がしますが、この状態がどのくらい続くかで今年の売り上げに与えるインパクトは変わって来ると思います。6月中に収まるようですと20%程度の減益で済むような気がしますが、それ以上になると50%以上の減益を考慮して行かなければ行けません。そうなると株価もそれなりに下がった状態で据え置かれるような気がします。今の株価はそういう意味では20%程度の減益を含んだ株価になっているので、今後は何処まで早くウィルスを駆逐するかに掛かっています。

今週の日経平均は19498円と先週の終値に比べて1700円程度の大幅な上げを見せています。これは先週緊急事態宣言が出されずに失望売りが先行したためで、今週戻すのは織り込み済みと言った感じでそれからの値上がりを期待したのですが、東京都の患者が急増すると言った悪条件が重なり、上げ幅の上値を抑えるような展開となってしまっています。今後ですが、来週は、東京都及び周辺県の患者数の推移によって株価が上下しそうな感じですが、順調に減少または一定レベルで増えないような状況が続けば、株価は緩やかに上昇するのではないかと予想します。しかしながら、患者数が大幅に増えるようだと、失望売りに押されて大幅な下落の可能性も捨てきれません。その辺は来週の患者数を見守って行きたいと思います。

今週の私の株ですが、思い切って買い替えを行いました。その結果は以下のような状態です。

購入金額 本日価格 含み益
KDDI 2800 3099 299
TDK 7500 8750 1250
AGC 2350 2615 265
武田薬品 3430 3562 132
東京個別 660 424 -236
余剰金 0 1128 0
16740 19578 526

先週言った通りの買い替えになっています。かなり頑張ったのですが、先々週の日経平均19389円だった時の196万6400円には及ばない結果になってしまいました。日経平均は先々週以上ですが、TOPIXは先々週が1459と今週の1430より高いので仕方がない結果だと思います。こういう時は日経平均寄与率が高い株をもっている方が安心ですね。結果ですが、買い替えは全てプラスになってはいますがそれは日経平均が上がったせいで有り当たり前の結果です。下げ幅の大きかったTDK、AGC、武田薬品に買い替えたので今後に関しては明るい未来があるのではと考えていますが、どうでしょうかTDKはまずは10000円を目標に上げて欲しいと思っています。AGCに関してはまずは3000円、それから3500円くらいまでは行きたいと思っています。武田薬品はまずは4000円台をキープしてくれたらと考えているので総額で220万越を目指しています。来週はまずは200万円の壁を突破したいと考えています。

注意事項

ここに書かれている内容は私個人の考えに基づくもので、当ブログによって生じた如何なる損害に対しても責任を負いかねます。投資に関しては自己判断でお願いします。

march62

Author: march62

昭和、平成、令和を生き抜く唯の親父です。 ラーメンと株に命を懸けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です